La FRENCH TECH

La French Techとはフランスのスタートアップコミュニティのためのネットワークです。
これには企業家、投資家、技術者、デザイナー、インキュベーター、公的組織などがつながり、フランスのスタートアップの国際化を目的としています。
このコミュニティには、BlaBlaCarのような時価総額 12億ユーロのスタートアップや、Sigfox やDevialetのように2016年にはそれぞれ1億5000万ユーロ、1億ユーロを調達したスタートアップがおります。
このフレンチテックは2013年に政府によりイニシアチブが開始されましたが、これは政府による活動ではなくて、あくまでも政府はスタートアップコミュニティをサポートする役割にすぎないのです。このイニシアチブにおいて、公的ファンドより約2億ユーロがフランス国内のインキュベーターやアクセラレーションプログラムに提供されました。またフレンチテックは国際的な才能をあつめるために、22のフレンチテックハブを世界中に開設し、またフランス国内に世界のスタートアップをひきつけるためにFrech Tech Ticket Programを開設し、同時にスタートアップのファウンダー、従業員、投資家がフランス国内に移住するためのFrench Tech Visaも発行しております。

La French Tech is the term used to describe the French startup community: entrepreneurs, investors, engineers, designers, incubators, public organizations, etc. committed to the growth of French startups and to their international prosperity.
This community includes champions such as BlaBlaCar, valued at €1.2 billion, and Sigfox and Devialet, which respectively raised €150 million and €100 million in 2016. The French Tech Initiative is an innovative public policy created in 2013. It is not about the government imposing regulations and limits; it’s about the government supporting the startup community. As part of this initiative, €200 million of public funds have been set aside for business incubators and accelerator programs throughout France. La French Tech is also about being open to the world and welcoming foreign talent, with its 22 French Tech hubs across the globe, the French Tech Ticket Program for international startups looking to set up in France, as well as the French Tech Visa, an accelerated procedure to obtain residence permits for startup founders, employees and investors.