Laval Virtual

Laval Virtual は1999年に設立された非営利組織で、元研究省の大臣でLaval市の市長であるFrançois d’Aubert 主導で設立された。当時このコンセプトは、Futuroscopeの共同創設者であるBernard Taravel、GARTのジェネラルマネージャーであるGuy Le Bras、パリ-ラバルの美術工芸研究機関のディレクターであるSimon Richirらによって、VRの主要プレイヤーが、教育、研究、企業、そして一般ユーザーへの展開を目的としていた。
この目的のために、現在Lavalでは、国際的なVRの展示会を毎年3-4月の間に開催し、8000㎡以上のスペースに300出展者、18000名のビジターを迎えている。この主要なイベントがLavalのエコシステムを活性化し、VRの首都としての知名度をあげ、スタートアップ、世界的な研究機関、専門研究者をひきつけている。1999年の第1回開催より、この展示会Laval Virtualは大成功を続けており、トータルで8000以上の出展者やメディアでの情報展開、さらには日本の大学との強いパートナーシップによって、まさにLavalはハイテク都市を形成した。
展示会は年々、国際的なVRのミーティングの機会となり、さらには、ARや、インタラクティブ3D、AI、ロボット産業、IoTなどすべての革新的なテクノロジーを網羅している。これらの経験をいかして、新しいLaval Virtualセンターも開設され、まさにVR, AR, MR, AI, インタラクティブ3D,モーションキャプチャーといったすべての先進的なテクノロジーの効果的なハブとして活用されている。このセンターの開設により、Laval Vitrualのエコシステムはまさに、イノベーション界のリーダーとなった。

Laval Virtual, a non-profit association, was created in 1999 at the initiative of the former Minister of Research and Mayor of Laval, François d’Aubert. At that time, the concept (devised by Bernard Taravel, co-creator of Futuroscope, Guy Le Bras, general manager of the GART (Transport Authorities Association), and Simon Richir, director of the Institut des Arts et Métiers Paris Tech – Laval) was to unite a broad range of virtual reality players, from the spheres of teaching, research, companies and the general public, in a single venue.
This ambition resulted in the International Tradeshow of Virtual Technologies and Use, a five-day event held every year in Laval (France) between March and April, which now hosts 300 exhibitors in an exhibition area of over 8,000 m2, and more than 18,000 visitors. The flagship event reflects the ecosystem of Laval, a genuine Virtual Reality capital bringing together start-ups, multinationals, research laboratories and specialist schools recognised throughout the world.
Since its first edition in June 1999, Laval Virtual has been a great success. More than 8,000 participants, extensive media coverage and a strong participation of Japanese universities, propel Laval onto the high-tech planet.
In the course of the editions, the International Meetings of Virtual Reality become the International Meetings of Technologies and Uses of the Virtual, representing not only Virtual Reality as a whole but also Augmented Reality, Interactive 3D, Artificial Intelligence, Robotics, Internet Objects and all Innovative and Convergence Technologies.
This excellence has now given rise to the new Laval Virtual Centre: a positive hub of expertise designed to assist professionals from every trade keen to use innovative technologies: Virtual Reality, Augmented and Mixed Reality, Artificial Intelligence, Interactive 3D, Motion Capture and other converging technologies.
With the opening of the centre, the Laval Virtual ecosystem consolidates its position as leader and ground-breaker in this innovative field.