Medicen

Medicen Paris Regionは、革新的なヘルスケアテクノロジーに特化したクラスターで、国内、国際的な展開をめざしている。約400の企業、研究機関、大学、病院などがメンバーとなり、ヨーロッパの中心地であるパリで活動している。このクラスターは下記5つの戦略的テーマをもっている。バイオロジカルな診断、診断時のイメージング、医薬品とバイオマテリアル、デジタルヘルスケアと医療移転。
また地元、そして地域、国内のヘルスケアの革新的なパートナーとともに、Medicen Paris Regionは下記を目的としている。
-経済的な価値と労働を創造するためのヘルスケア分野での共同プロジェクトの開発と選定
-革新的な中小企業とスタートアップの国際的な発展
-フランス国内でのライフサイエンス事業の50%以上を占めるパリ地域の魅力をつたえる
2005年のクラスターの創設以来、イメージング、医療機器、バイオロジカル機器分野では68の革新的な製品がローンチされた。また305のプロジェクトがクラスターにより認定された。これらのプロジェクトはFUIなどフランス政府からのファンド、国立投資銀行Bpifrance、National Research Agency、European Regional Development Fund 、Investments for the Future program、また地域、地区からの資金援助をうけており、その総投資額は19億ユーロにのぼる。過去3年において、日本は特にMedicen Paris Regionクラスターの国際戦略において重要な市場であり、これまで日本の展示会BIOJAPANにフランスの中小企業の団体を出展させ、日本市場へのアプローチを積極化している。またMedicen Paris Regionクラスターは、日本のクラスター(JBA,FIRM、大阪バイオクラスター)や、製薬企業(富士フィルム、第一三共)のパリ地域のライフサイエンスエコシステムへの参入をサポートしている。

Medicen Paris Region is a leading competitiveness cluster for innovative health technologies, with national and international scope. With nearly 400 companies, research centers, universities, hospitals and local authorities as members, it aims to position the Paris region as Europe’s leading health cluster.
It focuses on five strategic areas: biological diagnostics, diagnostic and interventional imaging, regenerative medicine and biomaterials, digital health and translational medicine. In close collaboration with local, regional and national healthcare innovation players, Medicen Paris Region aims to:
Foster the emergence, development and funding of certified collaborative projects in the healthcare sector, in order to create economic value and jobs
Increase the international development of innovative startups and SMEs
Strengthen the attractiveness of the Paris region, which represents more than 50% of life sciences activity in France
Since the creation of the cluster in 2005, 68 innovative products have been launched in the imaging, medical devices and biological tools sectors. 305 projects have been certified by the cluster. They received funding from the French government (French Inter-Ministry Fund FUI, Structuring Projects fund), the public investment bank Bpifrance, the National Research Agency, the European Regional Development Fund, the Investments for the Future program and/or local authorities, and the Paris region. Total investment is close to €1.9 billion and €533 million of public aid.
For the past three years, Japan has been as strong market of interest in Medicen Paris Region international strategy, attending leading partnering events such as BIOJAPAN and bringing delegation of innovative French SMEs to Japan to accelerate market access opportunities.
Medicen cluster also welcomed key Japanese clusters (JBA, FIRM, Osaka BioHeadquarters), industrial representatives (Fujifilm, Daichi Sankyo) and healthcare stakeholders to Paris to help them accessing the Paris Region life sciences ecosystem.